×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

大阪府旅行 宿泊編

大阪での楽しい宿泊先をご存知でしょうか。
大阪での楽しい宿泊先について詳しく紹介します。

リーガロイヤルホテル
リーガロイヤルホテルはとにかくホテルが大きいです。リーガロイヤルホテルはレストランの数もとても多く、一流どころばかり。さすが関西老舗の大型ホテルのリーガロイヤルホテルですね。
リーガロイヤルホテルはサービスがきめ細やかです。リーガロイヤルホテルは客室も広く、とても使い勝手がいいです。リーガロイヤルホテルは水周りもキレイ。リーガロイヤルホテルは交通の便は悪いけど、リーガロイヤルホテルからシャトルバスがたくさん出ています。リーガロイヤルホテルの中でのんびり過ごすのもオススメです。リーガロイヤルホテルの宿泊プランでは、よく、「朝食かホテイチのチケットか」が選べます。

私はいつも、リーガロイヤルホテルでホテイチ(メリッサ)のチケットをもらって、好きなものを購入して部屋で食べてます。リーガロイヤルホテルのメリッサはとても大きなお店で、ホテイチとしてはかなりの規模。売っているものの種類も多く、パンだけでもずらーっと並んでいるのは圧巻。デリも種類が多いのですが、ちょっとお値段ははります。あと、ケーキもきれいなのが揃ってます。リーガロイヤルホテルの改装されたフロアでは、客室ごとにインテリアが違って、ロハスな雰囲気に浸れるようになっています。あと、リーガロイヤルホテルは空調がしっかりしていて、空気が乾燥しすぎたりしないのが有難いです。
リーガロイヤルホテル詳しくは⇒


ホテル阪急インターナショナル
ホテル阪急インターナショナルにジュニアスイートに宿泊しました。ホテル阪急インターナショナルは部屋が広く、角部屋のため、2方向の夜景を楽しめました。ホテル阪急インターナショナルの33階からの夜景は美しく、終日、夜景がカーテン代わりでした。

ホテル阪急インターナショナルの風呂場の広さも驚きで、大理石の洗面台に、シャワーブースもあり、至れり尽くせりの時間を過ごすことができました。ホテル阪急インターナショナルのルームサービス等の接客も好感の持てるホテルです。ホテル阪急インターナショナルはJRの駅から見えているのに、歩いてみるとけっこう遠かったです。ホテル阪急インターナショナルのロビーも客室もとても上品で高級感いっぱい。テレビで「宝塚」のチャンネルがあったのが、さすが阪急のホテルであるホテル阪急インターナショナルだなあと思いました。ホテル阪急インターナショナルでは特にバスルームが広くて豪華で、タオルもふんだんにありました。ホテル阪急インターナショナルは女性むけの配慮がこまやかです。ホテル阪急インターナショナルでは枕もいろんな形のものが揃っていて、ひととおり試してみました。

夜中、週末だったせいか、ナビオ前にたむろした、柄の悪い車の騒音で眠れなかったのが残念でした。ホテル阪急インターナショナルに苦情を言ったのですが、ホテル阪急インターナショナル側も困ってるそうです。そして一番はビールのグラスが冷蔵庫に入っていることです。このホテル阪急インターナショナルのサービスは心憎いですね。できそうでできないことです。
ホテル阪急インターナショナル詳しくは⇒

ヒルトン大阪
ヒルトン大阪は梅田のホテルでは老舗の方で、場所も皆が知っているので待ち合わせに便利。ヒルトン大阪の吹き抜けのおおきなロビーは明らかに宿泊客でない人が大勢くつろいだりしゃべったりしていました。そういうヒルトン大阪の開放感が都心にふさわしいようにも思えます。ヒルトン大阪の高層階からはすばらしい夜景が望めますが、室内はそれほど高級感がありませんでした。

部屋の広さも平均かちょっと狭い目だと思います。ヒルトン大阪のてっぺんのラウンジは人気のブフェがあるらしく、すごい人でした。ヒルトン大阪は梅田や大阪から地下でもつながっていて、天気や気候を気にせずに徒歩で行けるのも魅力です。ヒルトン大阪のチェックインは専用ラウンジでした。ヒルトン大阪は大変景色がよかったです。ヒルトン大阪のエグゼクティブフロアに宿泊している人だけが利用できる、ラウンジですが、コーヒーの銘柄も選べる本格的エクスプレッソマシンがありました。ヒルトン大阪の右奥の、ブレンドの冷たいミントティーも大変美味しかったです。土日祝日だけだそうですが、アフタヌーンティーの種類は多く、味も盛りつけもさすが、ヒルトン大阪さんというものでした。ヒルトン大阪のプールも、エグゼクティブフロアの人は、無料で使えます。深さ120センチで15〜20
mかける10mくらいでしょうか、、横に、あたたかい、泡のでる小さなプールもありました。ビート板、脱水機なども用意してくれていましたし、お風呂やサウナもありました。ヒルトン大阪のエグゼクティブフロアは、外国人の方も多く、そのためでしょうか、ヒルトン大阪では日本情緒を出すために窓の所に、障子や襖を使っていました。

ヒルトン大阪ではアメニティーグッズも充実していました。ヒルトン大阪の新聞は毎日新聞。ちょっと残念だったのは、ヒルトン大阪のウェルカムフルーツ。物価の高い日本で出していただけるだけ、ありがたいのはわかっていますが、みかん、バナナ、クッキー1つづつ 、、、、、、ヒルトン大阪の2階の朝食にいきましたが、卵料理は専用のコックさんに注文することもできますし、パンの種類、ジュースの種類も多く、和食、洋食、中華まで大変充実していました。ヒルトン大阪のフロントから、ドアマンさんから、プールの受付のかたまで、ヒルトン大阪の従業員の方は大変感じよく接してくださいました。大阪駅からの距離も近く大変良かったです。

ヒルトン大阪詳しくは⇒


大阪府旅行 総合編 大阪府旅行 お笑い編 大阪府旅行 宿泊編 大阪府旅行 USJ
大阪府旅行 通天閣 大阪府旅行 大坂城 大阪府旅行 海遊館 大阪府旅行 焼肉の鶴橋





Copyright(C)  大阪府旅行 宿泊編 All rights reserved